中村こども先生のコドグラフログ

今年は、コドグラファーたちとTVに出たいです。

8才のコドグラファーひなた撮影



ふりがなをふってあるページはしたからいけます!
http://trans.hiragana.jp/ruby/http://codograph.net/photo/b20130530/

写真はエンターテイメントになるのか。
コドグラフをはじめてきたときから、ずっと考えてきたことです。


コドグラフは過疎の山間部の村ではじまっています。
こどもたちにもすごい写真が撮れる。
それをできるだけ多くの人に伝えるにはどうしたらいいだろうと考えてきました。


まずは、みんなのイメージを変えることがとても大事だと感じました。


こどもにも一眼レフが使えるんだね。
こどもにも写真を勉強することができるんだね。
こどもにもいい写真を撮ることができるんだね。


使ってはダメなカメラが、使ってもいいカメラになって。
押せば写るから、きちんと学ぼうになって。
まぁこんなものじゃないというイメージが、もっとできるんじゃないかなというイメージにかわる。


田舎の生活をしてみてわかったのは、TVの力がすごく強いということ。
そして、書籍やインターネットの力がイメージよりずっと弱かったということです。
TVの中でも、バラエティを見る人が多いようでした。
こどもたちは、NHKのEテレもよく見ていました。


自分たちが住む田舎の人たちにまで知ってもらうとしたら、
バラエティかEテレに出るのが、とても良さそうだ。


こども「あ、ぼくもカメラやってみたいな」
おとな「ちょっとやってみる?」←(特にココが重要ですね)


そんな流れをつくってあげたい。
今はカメラをやっている子の少なさ、多くの人のイメージの影響で、
ちょっと特別な存在のコドグラファーですが、彼らは未来の普通なんです。

はじめて、こどもがネコふんじゃったをピアノで弾いたとき、大人たちはどう思ったでしょう。
「あぁ、こんなことができるこどもがいるなんて…すごいね!君は天才だ!!」
そんな風に思ったのではないでしょうか。

コドグラファーたちの写真を見て「こどもにもここまで撮れるんですか!」と驚かれることがよくあります。
そう、ここまで撮れるんです。
先生たち大人が、ちょっと…、いやいや、けっこう過小評価していたのです。

こどもたちが写真を撮ることをエンターテイメントにする。
きちんと学ぼう! も大切ですが、こっちもかなり大切です。

写真は学校では勉強しないのに、いまとてもたくさんやり取りされています。
それは写真が、コミュニケーションにすごく便利だと、多くの人が言われなくても気づいているからです。
写真は、言葉じゃないコミュニケーションです。
短い言葉で多くを伝えることにも、すごく役に立ってくれます。
言葉がまだ未熟なこどもたちにこそ与えたいコミュニケーションツール。

こどもたちのことが少しでも多く伝われば、それだけ世の中がよくなる。
先生は、そう信じているからこそ、写真を撮ることを広めていきたいと思います。

なんてことを書いたのは、今日が先生の30才の誕生日だからです。
記念の日なので、改めて決意表明です。
先生へのプレゼントも大募集!
一番のプレゼントはこどもにも撮れるってことを広めてくれること、です!

はい、きょうのHRはここまで。

中村こども 中村こども
こども写真ラボ合同会社代表。こどもを撮ることの専門家。こどもに写真を教えることの専門家です。こどもと写真の関わりを広げていきます。

pagetop