中村こども先生のコドグラフログ

東京での新しいワークショップ2つ。2つめ。

こども×写真教育の可能性をみんなで考えた次の日。
そこで出たアイデアの1つ「大人もこどもも一緒に習う写真教室」は、
偶然にも、次の日に行われることになっていました。

親子で参加する人、大人だけで参加する人、中学生、小学生、保育園児。
いろんな年齢の人がひとつの会場に集まりました。

参加してくれた方が撮ってくれた写真で様子を紹介します。

窓際での被写体になりながら教えています。



大人とこどもの触れ合い



こども同士の触れ合い



撮り合いっこ



ワークショップ参加2回目。熱中!



こどもといっしょに学ぶことで、より学べることがある。
おとなといっしょだから、楽しいことがある。
「どっちが上で、どっちが下で」が自然となく、
同じものを撮っているのに、ちがうことがある。
見せ合い、褒め合い、刺激し合う。

大人とこどものコミュニケーションは数あれど、
対等に競えるものはなかなか少なかったりします。
写真にはそれができる。

できるんですね。

はい、きょうのHRはここまで。

東京での新しいワークショップ2つ。1つめ。

先生、またまた東京まで行って2つのワークショップをやってきました。

1つ目は、去年の8月にコドグラフ展をやったSHIBAURA HOUSEでの開催。
ワークショップのことをみんなで考えようとしている、
WSDという団体があって、そこに関わっている福田桂さんや竹丸草子さんといっしょに企画してきたもの。
コドグラフ展のときにお世話になったSHIBAURA HOUSEの横川さんとも再会できてとてもなつかしかったです。


このワークショップは、これからの写真教育をみんなで考えるものでした。
いつもこどもたちがやっているレッスンを大人たちに体験してもらいながら、
これからなにが起こりそうかを、話し合ってもらいました。



先生が日頃から感じているこども×写真の可能性をみんなも感じてくれて、議論は白熱!


それぞれのチームが考えた発表に、先生大喜びでした。

福田桂さん(左)と先生のぼく(右)



これからもたくさんの人と、こどもにも撮れるってことが広げてくれる世界について話し合いたいな。開催に協力してくれたみなさん、来場してくれた参加者のみなさん、ありがとうでした。

はい、きょうのHRはここまで。

コドグラファーきーくんの頭の中

コドグラファーたちがあたらしいレッスンを開始しました。

下の写真集に影響されてはじめたこのレッスン、ユニークな方へ向いはじめました。


中でもおもしろかったのがコドグラファーきーくんの一連の様子。
いろいろなものをつくってみようとしている履歴がよくわかります。
今は成功した1枚を見せ合う時代ですが、これから履歴すべてを見せ合うことが増えていくでしょう。


かわいい感性です。

はい、きょうのHRはここまで。

おかっぱさんやってくる。

コドグラフの活動を取材しに、おかっぱの写真家さんがやってきました。
「おかっぱって呼んでね」とコドグラファーたちに自己紹介した、
どことなく先生と似た格好の写真家さん、その正体はTechwaveの本田正浩さん。
最近、離れた地域に住む人のエネルギーを交換する「プロジェクト&メディア」サイト 「finder」を立ち上げられ、全国を取材で飛び回っているそうです。

http://fin.der.jp/



おかっぱさんも参加した写真教室のスタートです。
島根はすっかり秋、紅葉がすごくキレイです。
手入れされたキレイさではない、野方図な景色があちこちで見られます。


コドグラファーひなたが魚眼レンズでおかっぱさんを撮りました。
おかっぱさんのキャラクターがすごくよくでています。
やさしくて、おもしろい。
コドグラファーひなた得意のだっこで迷惑もかけていました。



コドグラファーきーくんが、おかっぱさんと撮り合いっこをはじめました。
おかっぱさんは2刀流です。
実はコレ、走り合いながら撮っています。
さながら時代劇の決闘のようです。



コドグラファーあやが、先生とおかっぱさんを撮ってくれました。
後ろの雲の雰囲気が気に入ったようです。
だんだんと暗くなってきたので、教室に戻ってみんなで写真を見せ合いました。



最後はセルフタイマーで記念写真を撮り、いっしょに温泉へ。
おかっぱさんこと、本田さん。
たくさんお土産もいただき、ありがとうございます。

はい、きょうのHRはここまで。

こどもたち、がんばりました。


10/27、28 「代官山 北村写真機店 × codograph 本気でやってみたい小学生のための写真スクール2days」を開催してきました。

一番下の子は、どうしてもやってみたい!という本人の希望で年長さんが参加。
そんな小さな子も、重たいであろう一眼レフでマニュアル撮影。
5時間×2日間やりきるなんて、本当にすごい!
先生はまだまだ、こどもたちのエネルギーを軽くみているのかもしれない…
そんな風に感じた2日間でした。

今頃、撮った写真を学校にもっていって見せてくれているかなぁ。
たくさん「すごい」って言われて、自信つけてほしいです。
だって、本当にすごかったですから。

はい、きょうのHRはここまで。

10月19日の教室の様子

きょうの写真教室も楽しかったね。

山間にある町は、学校が終わる頃にはすべてが日陰の中。
今日は、光を探して、麓へ、海へとクルマで移動しながらの撮影でした。

今までずっと言ってきた、「光」という言葉にこめられた、たくさんのこと。

コドグラファーひなた撮影
この電球は彼が撮影中に発見。



ないから、探しにいく。
見つけても、すぐになくなってしまう。

ない、ないと探して辿り着いた先の夕焼け。
探していたからわかる、光のありがたみ。

よくわかったね。



いつも、いい光を探そうね。

はい、きょうのHRはここまで。

感謝!プレゼントいただきました。



コドグラフを応援してくれる方から、
2つの贈り物をしていただきました。
ありがとうございます!

いままでの歴史を知らないことと、
字幕などでわかりにくい部分は、
先生ががんばって解説します!

コドグラファーに見せたい写真集やDVDなどでいらないものがありましたら、info@codograph.net までご連絡ください。
勉強させていただきます!!

はい、きょうのHRはここまで。

campfire達成しました!


success
この文字がなによりうれしいです。
「これはすごいことなんだ!」と思って夢中でやっていることに、
たくさんの人からの支援をいただく。
こんなに幸せなことはありません。

支援してくれたみなさんからのコメントのページがあるのですが、
そこに載せられたメッセージを読んで胸が熱くなりました。

生徒たちがよりよく学ぶための支援をいただき、
先生としてとっても心強いです。
ありがとうございます!

はい、きょうのHRはここまで。

campfireが明日まで!


明日いっぱいが期限のコドグラフのcampfireプロジェクト。
なんと現在で37人もの大人たちが合計227500円も支援してくれています。
プロジェクト達成率が現在75%!
先生、こういうのはじめてだから、よくここまできたなぁって思います。
支援してくださった方、本当にありがとうございます。

campfireプロジェクトは100%以上の資金を集めないと達成しないと、
いままでの大人たちの気持ちを受けとめることができない仕組みになっています。

先生は、正直、達成するのがちょっとこわいです。
支援してくれたおとなたちの気持ち、もらって、せおって、走れるのかって。
でも、いまの生徒たちのためだけじゃなく、
まだ会ったことのない未来の生徒のためでもあるんだってまた強く想像して、
うまくはやれないかもしれないけど、
やめないことはできる、やめずに続けることはできるって思ったよ。

だから、明日は最終日の奇跡をちょっと信じてみたいと思う。
先生もできること、考えます。

はい、きょうのHRはここまで。

ご支援お待ちしております。
http://camp-fire.jp/projects/view/369

秋です!


運動会があったり、先生が東京出張していたりで、しばらくは自主レッスンが多かったコドグラファーたち。
きょうは久々の直接レッスンです。みんな、ちゃんと写真撮ってたかな?

島根はもうすっかり秋です。
標高が高いところに住んでいるので、夜はもう半袖じゃ寒い!
稲穂も垂れ下がり、収穫の時期が近づいています。

f値、ISO、シャッター速度はばっちりだったコドグラファーたち。
きょうは自分たちでどんどん伸びていけるような、
写真の種をたくさん散りばめてみました。

発芽状況をよく見てから、また水をあげていこうね!

はい、きょうのHRはここまで。

iPhoneでも伝えられるcodographのカケラ

コドグラフ展が終了した次の日の朝。
開店前の渋谷のAppleストアでワークショップをやってきました。


はじめてこのお話がきたとき、
iPhoneでできるコドグラフとはなんだろうか。
そんなことを考えました。

先生は、こどもたちに使わせたいカメラにかなりの思い入れがあります。
iPhoneでの撮影はフルオート…
コドグラファーたちが使っているのは一眼レフの中級機。
マニュアル撮影です。

使用アプリはmillion moments.
http://itunes.apple.com/jp/app/million-moments/id529053724?mt=8

リンクを開いてくれるとわかりますが、犬のアイコンがかなりかわいい。
実は先生、犬の鳴きまねが得意です。
親和性を感じずにはいられません。
このアプリに触れていくうちに、先生が昔書いたアルバムの写真についての話を思い出しました。


http://kodomocamera.jp/torikata/geturei/itudemo/18.html

写真アプリには、「ふせん」をつける機能がついていて、
その機能を使って、思い出をパワーアップさせたり、親子のコミュニケーションになることを思いつきます。
他にもどんどんアイデアがでてきました。

iPhoneを使ったことのあるこどもたちは、iPhoneをゲーム機だと思っている。
写真を撮ることを促せるよう、Appleストアにおもちゃを忍ばせよう。
それを見つけるゲームにしよう。


やらなくちゃいけないことをゲームっぽくして
楽しみながら学べちゃうようにするのは、先生けっこう得意です。

なにを撮るか、どう撮るかでこどもたちのことがわかる。
今回は、おもちゃが宝物。でもこどもたちの身の周りには興味がひかれる宝物で溢れています。
カメラがなんでも、撮るという行為で、わかることがある。
そのことが伝わればいい。

アプリでは、ふせんの色別に名前をつけることができます。
「すき」
「ニガテ」
「また行きたい」
「おいしかった」
「これなに?」


「これなに?」の、ふせんをつけることを覚えたら
こどもたちは気になったものを撮る→ふせんを貼る→あとでパパママが教えてくれる
そんなコミュニケーションも可能になるでしょう。

「いってきます!」から「ただいま!」のあいだにあったことを
こどもたちから「きょうはどうだった?」と、くわしく聞き出すのは至難のワザ。
でも写真があれば、具体的なエピソードがこどもたちから出てきやすい。

「ニガテ」のふせんがあることで、
好きなもの意外のアルバムをつくる楽しさがでてくる。
好きの履歴と同じくらい、ニガテの履歴も大切。

大人もこどもも写真のチカラを引き出せるように。
そんなワークショップしてきました!!
たくさんの人が写真を豊かにしようとしている。
今回のイベントを通じて、そんなことを先生、感じました。
もっともっと、こどもたちにできること、伝えないとなって思いました。


当日の様子のまとめはこちらから。
http://matome.naver.jp/odai/2134606067488692801

はい、きょうのHRはここまで。

コドグラフ展 とびきりでした。


コドグラフ展〜こどもに写真を教えたら、すごいことになってきた〜
予想以上の盛況と反響の中、無事閉幕に至りました。

先生として、生徒たちコドグラファーのパワーを改めて感じた2日間。
漫画やドラマの主人公が本番中に強くなっていくように、
「この短時間で成長しているだと…!?」というシーンがばしばしありました。

先生は、展示を通して、生徒たちみんながいい影響をもらえたらいいと思っていました。
島根の大自然とはまたちがった、東京という街のエネルギー。
そこに住むおとなたちの頑張るパワー。
そういったものを少しでも感じてもらえたらうれしい。
そう思って開催を決意したのを思い出しました。

でも展示の2日間、みんなは多くのパワーをみんなに与えていました。
先生もそれをもらったし、来てくれたこどもも、おとなも、もらっていました。
先生も展示中、来てくれたこどもたちに撮影教室をしたりとなにかとバタバタしていたのに、
それでもそのことが伝わるくらい、みんなのパワーはすごかったね。
よくできました。
ちょーーーーーーーーーーーーーーーーーーハナマルです。

はい、きょうのHRはここまで。

コドグラフ展初日終了、そして明日が最終日。


コドグラフ展、初日無事終了しました。
きょうの展示のこと、先生、書きたいことたくさんあります。
でも、まずは、この上の笑顔で伝えたい。


先生、イベントを開くことがはじめてで失敗もたくさんありました。
みんなにふだんいろいろなことを教えているのに、です。
先生なのに、逃げ出したいこともありました、
でも展示初日、最高に楽しかったです!
先生の思いつきをサポートしてくれたコドグラフのメンバに大感謝。
そしてなにより、今日1日会場で人に「元気」と「種」をまきつづけていた
コドグラファーたち、生徒にありがとうを。
ありがとおおおおおおおおおおおお。

そして明日が最終日。
コドグラファーたちにみんなに会いに来て欲しい。
こどもも、おとなも、おじいちゃんも。
そえぞれもらえるものがあり、同時にコドグラファーたちの成長に太く繋がっている。
いま、栄養をがんがん吸い上げている。
できるだけ多くの人に出会って欲しい。

明日は17:30からAR三兄弟長男川田十夢さんとのフォトセッション&トークショーがあります。
コドグラファーたちが長男川田さんにどんな種をまくのか、長男川田さんからどんな種をまかれるのか。
今から、とても楽しみです。

http://codograph.net/photo/i20120810-2/

ワンコインポートレートは、13:00~16:00。
先生が教えるこども向け一眼レフ撮影体験は10:00~16:00です。

明日もとびきり笑顔で、がんばりましょう。

はい、きょうのHRはここまで。

コドグラファーのきーくん&あや上京

写真展まであと3日!
コドグラファーのきーくんとあやが飛行機で島根からやってきました。
なんと彼らは人生初の飛行機、そして人生初の東京です。


到着ロビーで記念写真




合流したあとに行ってみたのは、展望デッキ。
山手線並みの間隔で次々と飛行機が飛び上がっていきます。


まだデカレンズに慣れていないきーくん、でも腰の入り方はサマになっています。




そしてそのあと「どこか行きたいとこある?」と聞いてみてでてきたのは
「東京スカイツリー」のひとこと。滞在場所に行く前にスカイツリーに向います。


スカイツリーをバックに記念撮影

スカイツリーをバックに記念撮影




スカイツリーをバシャバシャ撮る2人。
まわりの目が自然と向きます。
中には声をかけてくれたり、
笑顔をふりまいて撮影に応じてくれる人も。

コドグラファーあやが 夕焼け撮影に夢中です。東京の夕焼けと島根の夕焼けはすこしちがいます。




この日にコドグラファーが撮影した「東京」という街の景色、
24日と25日のコドグラフ展で展示します。
写真の基礎を学ぶこどもたち、いまはまだ少し特別なこどもたち。
いっしょにそれを当たり前にしていこう、と先生とコドグラファーたちは約束しています。

そんなcodographの活動を支援してくださる方の募集を開始しました。
知る人ぞ知るcampfireという小額支援のプラットフォームです。
ここにしか書かれていないcodographの思いもたくさんあります。
ぜひ、よんでみてください。

http://camp-fire.jp/projects/view/369


はい、きょうのHRはここまで。


展示準備中です!


8/24からはじまる写真展の準備であたふたしている先生です。
上は会場の写真。

コドグラファーひなたは、東京に到着。
22日には、コドグラファーあや、コドグラファーきーくんも飛行機で到着します。
あやときーくんは飛行機初挑戦!
どんな顔をして降りてくるか今から楽しみです。

会場のSHIBAURAHOUSEは先生が一目惚れした会場です。
広い天井、明るく気持ちのいい空間。

イスがひとつずつちがうカタチですごくかわいいのです。



当日は、こども向け無料一眼レフ撮影体験も行います。
一眼レフをやってみたいという子は、明日から事前予約を開始するので、ぜひチェックしてください。

はい、きょうのHRはここまで。

中村こども 中村こども
こども写真ラボ合同会社代表。こどもを撮ることの専門家。こどもに写真を教えることの専門家です。こどもと写真の関わりを広げていきます。

アーカイブ


pagetop